抗ヒスタミン薬

アレルギー性疾患治療薬

エピナスチンの特徴、使い方や注意点、作用機序や指導のポイントについて

エピナスチン塩酸塩は,1975 年にドイツ ベーリンガーインゲルハイム社により合成されたアレルギー性疾患治療剤です。 抗ヒスタミン作用とアレルギー反応に関与する細胞のケミカルメディ エーターの遊離抑制作用を持ち、血液脳関門を通過しに...
アレルギー性疾患治療薬

フェキソフェナジン(アレグラ)の特徴、使い方や注意点、作用機序や指導のポイントについて

アレルギー性鼻炎や皮膚のそう痒を抑えてくれるフェキソフェナジン(アレグラ)。 抗ヒスタミン薬という分類にはいるお薬です。抗ヒスタミン薬は一般的に眠気を誘発しやすいですが、そのなかでもフェキソフェナジンは眠気を起こしにくい薬剤です。 ...